Our Blog

「まあいっか」が招いた残念な恋の行方

私は美容のために、ムダ毛の処理を特に気をつけています。
脱毛サロンに通ってはいるのですが、金銭の理由から、まだ完全に終えているとは言えません。
もともとは気がついたときに自己処理をするようにしていたのですが、ムダ毛が原因で悲惨な体験をしてしまったので、以前より頻繁に手入れをするようになりました。

食品スーパーでアルバイトをしていた頃、ちょっといいなと思う社員の男性がいました。
ある時、新商品の陳列のためにその男性社員と一緒に売り場作りをしていたのですが、作業の途中でお互いの腕があたりました。
するとその男性社員が「いて」っと声を挙げたのです。
私はうっすら生えた自分のムダ毛のせいだとすぐわかりました。
なんとなくでいいやと、適当に済ませていた処理のせいです。

男性社員は何も言わず作業を続けましたし、私も何も気づかなかったふりをして作業をしました。
きっと彼は気が付いていたし、その後その彼と仲が深まることは一切ありませんでした。
連絡先を交換したばかりで、もしかしたらと思っていたのですが、自業自得です。

それ以来、いつどこで何があるかわからないと胸に刻み、ムダ毛の処理は丁寧に行っています。
面倒くさいを理由に、延期を重ねていた脱毛サロンにも積極的に通い、最後に取り換えたのはいつかわからないほど使いこんだカミソリも、頻繁に交換するようにしています。
保湿も大切と聞いたので、処理後の保湿ローションも丁寧に塗っています。
夏でも冬でも、気を抜かずにきちんとお手入れをしたいと思います。

人に見られるという意識から女子力アップを引き出そう

なんらかの形で人と関わる毎日。常に人から見られてるという意識を持っていると、
自分の女子力をアップさせようという気になってくると思います。

面倒だからとか、にきびがあるからとか、何かと理由をつけて美容を諦めたり、
おしゃれしなかったりするのは、女子としてはもったないですよね。
素朴なありのままの姿でいいと思っていても、
自分の内面が輝いてこその事で、目的意識を持っていなくて何でも諦めて怠っていると、
美しくは見えません。

普段、職場や友達関係で、近づきたいな、仲良くなりたいなと思う女性は、女子力がある人ですよね。
そういう人は仕事も真面目に取り組んでいます。何か人の役に立ちたい、人に必要とされたいという意識が働くので、
前向きな気持ちでいられるし、自分自身を磨く術も持っていると思います。

女子力があまりないからと最初はどこからアップさせたらいいかと色々悩むでしょうが、
まずは、身近に、目標になる人を見て、その真似からでもいいですから、少しずつ女子力を上げる事を楽しいと思うようになれば、
どんどん自分が磨かれてくると思いますし、人からも見られるという意識も働いてきて、もっと効果がアップすると思います。